© 2019 春木ゆるみ整体は Wix.comを使って作成されました

ご予約
Reservation

筋肉のロック

ミオンパシー 大阪
筋肉のロック

筋肉のロックとは

 腰痛や肩こりは、身体の筋肉が硬く拘縮することが原因で、酸欠や血行不良となり、痛みや不快といった症状になることによって起こります。この筋肉が拘縮することを、ミオンパシー整体では筋肉のロックといいます。

 

 筋肉がロックする原因は、身体の急な動作や衝撃、無理に力がかかる事によって、縮んで守ろうとする命令が脊髄反射により筋肉に伝わり、硬くなることによっておこります。又、筋力以上の運動や動作をすることで、乳酸がでて疲労して硬くなり拘縮します。その他に、心や内臓にストレスがかかることによって、筋肉がロックすることもあります。

 

さらに詳しくお知りになりたいお方は↓をお読みください。

 

筋肉のロックのメカニズム。

 

 筋肉には損傷から身体を守る為に急激な負荷に対し、筋紡錘から脊髄に直接指示をだし筋肉を硬く縮めて守ろとする働きがあります。これを伸張反射(脊髄反射)と言います。

 この働きによって、硬く縮まった筋肉が固まったままになってしまい、血行不良や酸素欠乏になり、痛みや怠さを引き起こすことを、筋肉のロックといいます。

 さらに、このロックした筋肉を、周りの筋肉がフォローしようとする為、ほかの筋肉にも負荷がかかることでロックを増やしてしまい、その結果、それが身体の歪みとなって、肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。

 

 ロックした筋肉を元の状態に戻すにはロックした筋肉を柔らかく緩める体勢(状態)にし筋紡錘に危険回避を促します。すると、筋肉のロックが解除され、身体が元の状態に戻ります。