腰痛の時、してはいけないこと⑤



 腰痛は、筋肉の拘縮(ロック)による血行不良が原因です。 筋肉の拘縮は、急な動作や衝撃、無理に力がかかる事によって、縮んで守ろうとする命令が脊髄反射により筋肉に伝わり、硬くなることによっておこります。又、筋力以上の運動や動作をすることで、乳酸がでて疲労して硬くなり、拘縮します。  腰痛の時してはいけないことの5つ目。 それは薬を使う事です。腰痛は痛み止めの注射を射ったり、薬を飲めば痛みが一時的に和ぐかもしれません。しかし、それは根本的な治療ではなく、一時的な感覚の麻痺です。もし、感覚が麻痺している間、身体の痛みの信号を無視して、動いてしまうと、どうなるのか想像してみてください。薬は硬くなった筋肉をもとに戻すわけではありませんから、慎重にならなくてはいけません。  筋肉を元の柔らかい、元の状態に戻すには、緩めたい筋肉の端と端を近づけてあげるだけで筋肉は緩むのです。縮んだ状態(たるんだ状態)を作ってあげて、「これ以上守る必要はないんだよ」と言うことを教えてあげれば、自然に元の柔らかさを取り戻します。  ミオンパシーは筋肉を緩めるための施術です。どこに行っても改善しなかった、という方の腰の痛みを改善させてきた手技療法なのです。 春木ゆるみ整体 www.haruki-yurumi.com




1回の閲覧

© 2019 春木ゆるみ整体は Wix.comを使って作成されました

ご予約
Reservation